巻き爪の治療方法を調べよう

ワイヤーを使って爪を矯正しよう

具体的な治療方法を調べよう

巻き爪になっている部分に、ワイヤーを通します。
すると少しずつ爪の形がまっすぐに戻るので、痛みを感じなくなります。
巻き爪といっても、いろんなタイプがあります。
ワイヤーを使用する方法は、どのような巻き爪にも対応できるので痛みをすぐになくしたいなら選択してください、
ワイヤーを通すのは簡単なので、30分程度で終わります。

一旦ワイヤーを通したら、そのままにしておくことはできません。
何度かワイヤーを入れ替える必要があるので、病院へ通ってください。
通院する可能性があると考えて、自宅に近い病院を選択した方が良いです。
ワイヤーを交換すること自体は数分で済むので、会社の近くの病院に行くば仕事帰りに寄ることもできます。

ワイヤーが使用できなかった場合の対応

爪を切り過ぎたことが原因で、巻き爪になることがあります。
その場合は、ワイヤーを通す隙間がないので代わりにプレートを使用します。
医療用の接着剤を使って、爪にプレートを貼り付けます。
プレートは、熱を加えるとまっすぐになる性質を持っています。
ですから温めればまっすぐになって、爪を矯正できる仕組みです。

ドライヤーの熱で良いので、1日に3回程度自宅でプレートにドライヤーを当ててください。
ですがこの方法は、爪をまっすぐ治すのにかなり長い時間がかかると言われています。
ワイヤーを通すことができれば、そちらの方法を病院ではおすすめしています。
巻き爪になったらすぐ病院へ行って、医師に爪の状態を見てもらってください。


この記事をシェアする