巻き爪の治療方法を調べよう

治療方法はたくさんある

メスを使う手術方法とは

メスを使う場合は、肉に食い込んだ爪を切り取ります。
手術が終われば痛みから解放されますが、手術している時の痛みが大きいと言われています。
また、少しの痛みを手術したあとに感じる場合もあります。
手術が終わったあとは、水に濡らさないようにするなどの注意点もあるので、医師から詳しい説明を聞いてください。

手術自体は、30分から1時間程度で終わるので手軽にできます。
忙しくて治療する時間を長く確保できないと思っている人は、この方法を使った方が良いかもしれませんね。
痛みを感じることに恐怖を抱いている場合は、薬剤を使用するもう1つの方法を選択しても良いでしょう。
早く巻き爪を治療できるよう、整形外科へ行ってください。

痛みの少ない手術方法が良い

薬剤を使った方法なら、メスを使った手術に比べて痛みが少ないと言われています。
フェノールという薬剤を使用するので、フェノール法と呼ばれています。
爪にフェノールを染み込ませた綿棒をくっつけて焼きます。
焼くといっても、サイドを少しだけ焼くので特に問題はないと思います。
こちらの方法も早く終わるので、短時間で痛みから解放されたい人におすすめです。

ですが、手術が終わってしばらく経ってから爪が変形する危険性があります。
また再び爪が伸びた時に、巻き爪になることがあるので油断しないでください。
巻き爪になってから治療するのではなく、ならないように対策をしましょう。
爪を伸ばしすぎると巻き爪になりやすくなるので、短く切ってください。


この記事をシェアする