辛い巻き爪、痛みを軽減する治療法はある?

巻き爪の治療方法を調べよう

治療方法はたくさんある

症状が大きい場合や、短時間で治したいと思っている時は手術によって巻き爪を治療します。 メスを使う方法と、薬剤で爪を焼く方法の2種類があります。 治療中の痛みが大きくなるなどのデメリットもあるので、よく考えて手術するか決めてください。 医師と相談しましょう。

コットンを使って治療できる

巻き爪になった時は、保存療法が使用できます。 手術することに恐怖を抱いている人は、コットンを使って保存療法をしてください。 痛みを軽減するのに、大きな効果を発揮できます。 ですが症状によっては、保存療法では巻き爪を改善できないと言われることがあります。

手術によって巻き爪を治療する

巻き爪の治療方法は、いくつかの種類があります。
病院へ行くと、症状の大きさによって医師がふさわしい方法を選択してくれます。
また再び巻き爪にならないような方法もあります。
爪の形が元々悪いことが原因で、巻き爪になってしまう人がいます。
その人は根本的な治療をしないと、何度も巻き爪になります。
そのたびに病院へ行って治療すると、出費が大きくなります。
また仕事で忙しい人は、頻繁に病院へ行くことができないかもしれません。
1回で済むような治療方法を選択してください。

簡単に治療方法の種類を説明すると、手術をする方法、コットンを使って保存する方法、ワイヤーを爪に通して矯正する方法の3種類があります。
自分でこの方法が良いと決めていても、症状によっては選択できないかもしれません。
医学の知識を持っていない素人では、どの方法が良いのか判断するのに時間がかかるでしょうから、医師に任せてください。
医師に相談すれば、ピッタリな方法を教えてくれますし、治療方法の具体的な説明も聞けます。

巻き爪になった場合は、皮膚科や整形外科に行ってください。
そこで治療できます。
コットンやワイヤーを使った治療なら普通の皮膚科でもできるかもしれませんが、大がかりな手術になると整形外科に行かなくてはいけません。
最初に皮膚科に行って、対応できないと言われた場合はすぐに整形外科を探してください。
皮膚科で、巻き爪の治療ができる整形外科を紹介してもらうこともできます。

ワイヤーを使って爪を矯正しよう

巻き爪になったら、ワイヤーを使って爪を矯正する方法があります。 この方法も、比較的症状が軽い時に選択できます。 爪が肉に食い込みすぎてワイヤーを通せないと言われたら、代わりにプレートが使われることがあります。 どの方法を選択できるかは、医師に相談しないと分かりません。